ニュース
2015年06月03日 15時49分 UPDATE

東芝とMicrosoftがIoTで提携 東芝製センサーとAzureを連携

東芝とMicrosoftがIoTで提携。センサーなど東芝のIoTデバイスと「Azure」を連携させ、データを収集・分析するIoTソリューションを提供する。

[ITmedia]

 東芝は6月3日、米Microsoft(MS)と、IoT(Internet of Things)ソリューション分野で提携することで合意したと発表した。センサーなど東芝のIoTデバイスとMSのクラウドプラットフォーム「Azure」を連携させ、データを収集・分析するIoTソリューションを、今年中に複数の事業領域で提供する。

 東芝のIoT機器向けアプリケーションプロセッサ「ApP Lite」やドライビングレコーダなどのセンシングデバイス、クラウドストレージサービスなどと、AzureのIaaSや専用線接続サービス「Azure ExpressRoute」、データの分析・機械学習サービス「Azure Machine Learning」などを組み合わせたソリューションを提供する。

 まず物流市場向けに、東芝のセンシングデバイスで測定したデータをAzureで収集・分析するソリューションの提供を、今年中にスタートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -