ニュース
2015年06月04日 18時15分 UPDATE

GitHubが日本法人「ギットハブ・ジャパン」設立 日本語テクニカルサポートで法人向け導入を促進 (1/2)

米GitHubが日本法人「ギットハブ・ジャパン合同会社」を設立した。日本語でのサポートを開始し、法人向けツールの導入に力を入れる。

[山崎春奈,ITmedia]

 ソースコード共有ツールを運営する米GitHubが、東京・港区に日本支社「ギットハブ・ジャパン合同会社」を設立した。米国外に支社を置くのは初めて。日本語でのテクニカルサポートを行い、法人向けツールの導入促進に力を入れる。

photo クリス・ワンストラスCEOと日本法人ジェネラル・マネージャーに就任する堀江大輔さん

 「GitHub」は、2008年にローンチされたソフトウェア開発者向けソースコード共有ツール。豊富な機能と使いやすさで人気を集め、現在のユーザー数は世界970万人以上。デザイナーの画像などのデザインファイルのバージョン管理ツールとしても利用され、企業や自治体の公式アカウントがオープンソースを公開するなど活用が広がっている。Webブラウザから利用できる「GitHub.com」に加え、デスクトップやモバイルアプリケーションも用意する。

photo 使用画面

 日本法人では、法人向けのオンプレミスツール「GitHub Enterprise」の販売促進に注力。オンプレミスで展開することで、高度なセキュリティを要する案件への導入、社内教育への利用、統一プラットフォームの利用による作業の効率化などが見込めるという。

 すでに国内でも日立システムズ、ヤフー、サイバーエージェント、グリーなどが導入しているが、決済が米ドルのみ、テクニカルサポートは英語のみといったハードルがあった。国内展開ではマクニカネットワークスを総代理店とし、円建て決済や日本語でのサポートをスタートする。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -