ニュース
2015年06月09日 03時50分 UPDATE

Apple、音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」発表

Appleが音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」を発表した。日本向けサイトにも「まもなく登場」と表示。

[ITmedia]

 米Appleは6月8日(現地時間)、音楽ストリーミングの新サービス「Apple Music」を発表した。6月30日に100以上の国でサービスを開始し、米国の料金は月額9.99ドル(最初の3カ月は無料)。日本向けサイトにも「まもなく登場」と表示されている。今秋にはWindowsとAndroidにも対応する予定。

photo
photo Apple Music

 ティム・クックCEOが、米国で開いた開発者会議「Worldwide Developers Conference」(WWDC)の基調講演で披露した。買収したBeats Musicのサービスをベースにしている。

 「すべてを1カ所で楽しめる」を売りにした「革命的なストリーミングサービス」をうたい、自分の音楽ライブラリとストリーミングサービスを統合的に楽しめる。世界で音楽のエキスパートを雇い、ユーザーの好みに応じたプレイリスト作成が可能になっているという。Siriに「1994年以降のベストソングを再生して」と指示して楽しむこともできる。

 有料会員は24時間のネットラジオ「Beats 1」も利用できる。「Connect」では、アーティストが独自のページを持つことができ、作品や動画の投稿などが行える。ユーザーはアーティストをフォローし、作品にコメントしたり、Twitterなどに共有することができるという。

 Appleの説明によると、「Apple MusicとiTunes Matchはそれぞれが独立したものですが、補完的な関係にある」という。

 家族6人まで利用できるプランは月額14.99ドル。

photo 有料会員ができること
photo 日本向けサイトでも「まもなく登場」

Appleは2013年に無料のストリーミングサービス「iTunes Radio」をスタートしているが、日本は対象外だった。一方、音楽クラウドサービス「iTunes Match」は米国から2年半遅れで日本でも開始していた。

photo 「One More Thing」として発表=ライブ配信より

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -