ニュース
2015年06月11日 20時08分 UPDATE

太陽誘電、光記録メディアから撤退 「収益改善は困難」

太陽誘電がCD-RやDVD-R、BD-Rなど光記録メディア事業から撤退。想定を超える市場縮小や原材料価格の高騰などで、収益改善が困難と判断したため。

[ITmedia]

 太陽誘電は6月11日、CD-RやDVD-R、BD-Rなど光記録メディア事業から撤退すると発表した。12月末で販売を終了する。想定を超える市場縮小や原材料価格の高騰などで、収益改善が困難と判断したため。

画像 太陽誘電の公式サイトより

 同社は1988年に世界初のCD-Rを開発。CD-Rという名称も同社が命名した。2001年には4.7GバイトのDVD-Rの量産体制を世界で初めて構築するなど市場をけん引してきた。その後、海外メーカー台頭で競争は激化したが、日本製の高品質を武器にユーザーから評価されてきた。

 だが、HDDの大容量化やクラウドコンピューティングの普及に伴い市場が縮小。原価低減や生産性の向上など収益性の改善に努めてきたが、市場の縮小が想定を超え、原材料価格の高騰などの影響で収益改善は困難と判断した。

 今後は電子部品、特にスーパーハイエンド商品に経営資源を集中して事業構造を改革し、収益体質を改善するとしている。撤退に伴う業績への影響は現時点では「軽微」としている。

画像 スタート・ラボの公式サイトより

 また、太陽誘電に製造を委託し、「That's」ブランドの光記録メディアを企画・販売するソニーと太陽誘電の合弁会社スタート・ラボも同日、太陽誘電の光記録メディアからの撤退を受け、「商品の調達ができなくなった」として光記録メディアの営業を終了すると発表した。12月末に調達業務を、来年3月末に販売業務を終了する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -