ニュース
2015年07月26日 08時01分 UPDATE

Amazon.com、生鮮食料品のドライブスルーを計画中? まずはシリコンバレーで

Amazon.comが、オンラインで注文した生鮮食料品を車でピックアップできるサービスを、まずはカリフォルニア州のサニーベール市で計画中という。同社は既に生鮮食料品の当日配送サービス「Amazon Fresh」を一部地域で提供している。

[ITmedia]

 米Amazon.comが、オンラインで発注した生鮮食料品をドライブスルー形式でピックアップできるサービスを、まずは米カリフォルニア州のサニーベール市で開始する──。地元メディアの米Silicon Valley Business Journalが7月23日(現地時間)、この件に詳しい筋の情報として報じた。

 ユーザーはオンラインで生鮮食料品を発注する際にピックアップ予定時間を設定することで、例えば車での帰宅途中に注文済みの商品をドライブスルーで受け取れる。

 Amazon.comが子会社を通じて市当局に申請したという書類によると、この施設は11600平方フィート(約1000平方メートル、約303坪)で8台分のスペースを備える。

 amazon 申請書類の店舗完成予想図

 Amazon.comは2007年から米国の複数の都市で生鮮食料品の配達サービス「Amazon Fresh」をプライム会員向けに提供している。こちらは午前10時までにオンラインで発注すれば午後6時までに届く。

 amazon 2 Amazon Fresh

 Amazon.comは、注文から1時間以内に配送するPrime Nowコンビニなどに設置したロッカーでの受け取りサービス車のトランクに届けるサービス(テスト中)も一部地域で行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -