ニュース
2015年07月30日 12時30分 UPDATE

米連邦政府OPM襲撃の中国ハッカー集団、United Airlinesの乗客名簿も入手か

6月に米連邦政府人事管理局が発表した約2000万人以上の個人情報流出の犯人とみられる中国ハッカー集団が、同時期に航空大手のUnited Airlinesからも乗客名簿を盗み、クロスリファレンス可能なデータベースに追加したとBloombergが情報筋の話として報じた。

[ITmedia]

 米航空大手のUnited Airlinesは5月あるいは6月初旬に、米連邦政府の人事管理局(OPM)への不正侵入と同じ組織に侵入されていた──。米Bloombergが7月29日(現地時間)、複数の情報筋の話としてそう報じた。

 china

 OPMは6月4日、サイバー攻撃により約400万人(その後、約2150万人と修正された)の職員および元職員の個人情報流出の可能性を発表した。この犯行は中国のハッカー集団によるものとみられている。

 Bloombergによると、United Airlinesの攻撃では詳細な個人情報を含む乗客名簿が盗まれたという。これらの情報は、中国政府が構築している米連邦政府関係者のデータベースに統合され、クロスリファレンスが可能になると情報筋は語った。

 この攻撃は7月にUnited Airlinesがニューヨーク証券取引所とほぼ同時にダウンした件とは関係ないという。Bloombergは、このハッカー集団は数カ月にわたってUnited AirLinesのネットワークに潜伏していたとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -