ニュース
2015年07月30日 14時26分 UPDATE

「LINE」のChromeアプリ登場 画面キャプチャやファイル送信機能も

「LINE」のChromeアプリ版が登場。Windows/Mac/Chrome/Linuxに対応する。

[ITmedia]

 LINEは7月29日、「LINE」のトーク機能などをPCから利用できるChromeアプリ版を公開した。Chromeウェブストアから無料でダウンロードできる。

画像 トーク画面(左)とメモ画面

 Windows/Mac/Chrome/Linuxに対応。トークやスクリーンキャプチャの撮影・送信機能、最大1Gバイトのファイル送受信機能、自分用にテキストや画像を整理・保存できる「メモ」などを備えた。音声・ビデオ通話やタイムラインは非対応。

 複数のデバイスで同一のGoogleアカウントを利用していれば、一度インストールするだけでそれぞれのデバイスからLINEを利用できる。セキュリティ面に配慮し、自動ログイン機能は実装していない。新たなデバイスでの初回ログイン時にはスマートフォン版LINEを使った本人認証が必須となる。

 LINEアプリはこれまで、スマートフォン版、PC版(Windows/Mac)、Apple Watch版などを提供している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -