ニュース
2015年07月30日 17時11分 UPDATE

キヤノン、初の超高感度カメラ発売 「ISO 400万」相当、EFマウント対応

キヤノン初となる超高感度撮影用多目的カメラ「ME20F-SH」発売。「ISO 400万」相当の撮影が可能という。

[ITmedia]

 キヤノンは7月30日、同社としては初となる超高感度撮影用多目的カメラ「ME20F-SH」を12月上旬に発売すると発表した。300万円(税別)。

photo

 2013年に開発したフルHD動画専用の35ミリフルサイズCMOSイメージセンサーを改良して搭載。1辺19μメートルの大型画素と、画素部・読み取り部に独自技術を搭載し、「ISO 400万」に相当するという最低被写体照度0.0005ルクスと低ノイズを両立。星明かりなどのわずかな光で被写体を認識できるという。

 一眼レフ「EOS」と同じEFマウントを採用し、豊富なEFレンズを利用できる。3G/HD-SDI端子、HDMI端子による出力、遠隔操作が可能なリモート端子などを備えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -