ニュース
2015年08月20日 11時54分 UPDATE

GitHubで最も使われている言語はJavaScript JavaがRubyを抑えて2位に

GitHubが利用言語ランキングを発表。1位は3年連続でJavaScript、Android人気による2位のJavaの伸びが目立つ。

[ITmedia]

 米GitHubがソースコード共有ツール「GitHub」上の利用言語ランキングを発表した。1位は3年連続でJavaScript、2位はJava、3位はRubyだ。

photo

 1位は2013年から3年連続でJavaScript。続くJavaは08年時点では7位だったが、年々順位を上げ、Rubyを抑えて2位となった。

 Rubyは08〜12年まで最も多く使われていたが、15年では3位に。08年の創業当初からRuby on RailsがGitHub上で公開されており、当時相対的な利用率が高かったようだ。4位がPHP、5位がPython、6位がCSS――と続く。

 同社はJavaの大きな伸びの要因として、Androidの人気とビジネスやエンタープライズ分野でのバージョンコントロール需要の高まりを上げている。

 調査は、同社が公開しているファイルからコードの言語名を検出するツール「Linguist」によるもので、非公開のリポジトリ(フォークを除く)を含む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -