ニュース
2015年08月31日 17時14分 UPDATE

ペンタックス初のフルサイズデジタル一眼レフ、10月6日に発表か?

リコーはペンタックスブランドで初となる35ミリフルサイズCMOSセンサー搭載デジタル一眼レフカメラを10月初旬に発表するかもしれない。海外ブログメディアが伝えている。

[大村奈都,ITmedia]

 リコーイメージングは、ペンタックスブランドで初の35ミリフルサイズCMOSセンサー搭載デジタル一眼レフカメラを10月6日に発表するかもしれない。デジカメ情報を扱うブログメディアのPhoto Rumorsが伝えている。

photo リコーが今年の「CP+ 2015」に参考出展したフルサイズデジタル一眼レフ

 過去にもペンタックスに関する精度の高い事前情報を投稿してきたasahi man氏(ペンタックスの旧ブランド名はASAHI PENTAX)が、英カメラ情報サイトDPReviewのユーザーフォーラムに「10月6日」という件名でフルサイズデジタル一眼に関する情報を投稿した。この情報が正しければ、10月6〜7日にかけて米シアトルで開かれるカメラ見本市「PIX 2015」で発表される可能性がありそうだ。

photo asahi man氏の投稿(出典:DPReview

 リコーは今年2月に「CP+ 2015」でペンタックスブランドのフルサイズデジタル一眼レフを参考出展したが、製品名など詳細は明かされていない。これまでのうわさをまとめると、同機種は約3600万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサー(ローパスフィルターレス)を搭載し、KAF3マウント、3.2インチTFTディスプレイ、2基のSDXCメモリカードスロットを備えるという。ISO感度は100〜10万2400に対応するとみられている。

 キヤノンEOS-1DsシリーズやニコンD 1けたシリーズといった35ミリフルサイズデジタル一眼レフは、マニュアルフォーカス時代のファインダー交換式一眼レフと同じく、各ブランドのフラッグシップ機の地位を確立している。フラッグシップを持つブランドは、市場やユーザーから高く評価される傾向がある。その市場に銀塩フィルム時代には五大メーカーの一角を占めていたペンタックスが参入することになれば、市場からの期待も大きくなりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -