ニュース
2015年09月03日 11時48分 UPDATE

パナソニック、アナログレコードプレーヤーを「Technics」ブランドで復活へ

パナソニックがアナログターンテーブルを「Technics」ブランドで2016年度にも商品化する。

[ITmedia]

 パナソニックは9月3日、アナログレコードプレーヤーを「Technics」ブランドで2016年度にも商品化する方針を明らかにした。新開発したダイレクトドライブモーターを搭載する試作機を「IFA2015」(独ベルリン)に出展する。

photo 新開発したダイレクトドライブモーターの断面図

 新開発のダイレクトドライブモーターと、新設計の高精度モーター制御技術を導入。高いトルクや安定性、振動の低減で、滑らかで高安定な回転を実現しているという。

 同社は1970年に世界初のダイレクトドライブ方式によるアナログターンテーブルを発売。「SL-1200」シリーズはDJに愛されたが、同シリーズは2007年発売の「MK6」が最後になり、10年には生産を完了していた。

 昨年には高級オーディオブランドとして「Technics」ブランドを復活させた。同ブランドは来年で50周年を迎える節目となり、「伝統の音響テクノロジーと先進のデジタル技術を融合」したターンテーブルを開発、IFAに出展して広く意見を募り、製品化を進める。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -