ニュース
2015年09月04日 09時40分 UPDATE

Apple、10月に21.5インチiMacの4Kモデルを発表とのうわさ

Appleが例年10月に開催する新Mac OSのリリースイベントで、今年は21インチiMacの4K(4096×2304ピクセル)モデルが発表されると9TO5Macが報じた。

[ITmedia]

 米Appleが、10月末に21.5インチiMacで4Kモデルを発表し、11月初旬に発売すると、米9TO5Macが信頼できる情報筋の話として報じた。

 imac 1 iMacは21.5インチと27インチの2サイズ展開

 iMacには現在、21.5インチで解像度が1920×1080ピクセルの「21.5インチiMac」、27インチで解像度が2560×1440ピクセルの「27インチiMac」、27インチで解像度が5K(5120×2880ピクセル)の「27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル」の3機種がある。これに21.5インチで解像度が4K(4096×2304ピクセル)のモデルが加わるという。

 imac 2 現行iMacは3モデル

 プロセッサが従来より高速になり、カラーサチュレーション機能が強化されるという。

 昨年10月に27インチの5Kモデルが発表されたときと同様に、21.5インチモデルもディスコンにならず、販売が継続になる見込みとしている。

 Appleは例年、10月にスペシャルイベントを開催し、Mac OSの新バージョンのリリースと、Macの新モデルを発表している。昨年は10月16日に、「OS X Yosemite」と27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル、9.7インチの「iPad Air 2」、7.9インチの「iPad mini 3」を発表した。今年は、iPadの新モデルについては、9月9日のイベントで発表されるとみられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -