ニュース
2015年09月08日 12時59分 UPDATE

“iPhone 6S”は3段階の圧力を検知する新Force Touch技術「3Dタッチディスプレイ」を採用か?

新iPhoneのディスプレイは「タップする」「押す」「強く押す」の3段階の圧力を検知するようになるかもしれない。

[宇和川勝也,ITmedia]

 米Appleが9月9日のイベントで発表するとみられる次期iPhone(iPhone 6S/6S Plus?)は、Apple Watchなどに採用されたForce Touchがさらに進化し、3段階の圧力を検知する“3Dタッチディスプレイ”を採用するかもしれないという。Apple関連の情報を扱う米9TO5Macが伝えている。

photo iPhone 6

 新iPhoneはApple Watchと新MacBookが採用したForce Touch技術を採用すると言われている。Apple Watchのディスプレイは、従来の「タップする(軽くたたく)」に加え、「押し込む」という2種類の操作が可能になっている。

 これに加え、新iPhoneが採用する“3Dタッチディスプレイ”には「強く押す」が加わるという。これにより、軽く押した場合と強く押した場合で異なる機能を呼び出せるようになるそうだ。

 3Dタッチディスプレイの搭載で、さまざまな利点が考えられるという。例えば、ゲームの新しい遊び方を生み出すことにつながる。また、Google マップでナビゲーション機能を利用する時、従来は目的地を検索してから「出発(ナビを開始)」ボタンを押す必要があったが、新iPhoneは目的地を強く押すだけでナビゲーションを開始できる――などのUI向上が見込めるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -