ニュース
2015年09月08日 17時05分 UPDATE

「1億2000万画素」CMOSセンサー搭載一眼レフカメラ、キヤノンが試作

有効約1億2000万画素のCMOSセンサーを採用した静止画用の一眼レフカメラをキヤノンが試作した。

[ITmedia]

 キヤノンは9月8日、有効約1億2000万画素のCMOSセンサーを採用した静止画用の一眼レフカメラを試作したと発表した。

画像 1億2000万画素一眼レフカメラ

 現行EOSシリーズのプラットフォームに、独自開発のCMOSセンサーを搭載し、EFレンズの装着に対応した。あたかも実物が目の前にあるような立体感あふれる質感・空気感・臨場感を再現でき、トリミングによる部分拡大でも十分な解像感が得られるとしている。


画像 CINEMA EOS SYSTEM 8Kカメラ
画像 業務用8Kディスプレイ

 また、映画制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」の8Kカメラも開発。スーパー35ミリ相当サイズの自社製CMOSセンサーにより、8192×4320ピクセル(有効約3539万画素)の高解像度でも60fps・ハイダイナミックレンジの撮影が可能としている。EFマウントを採用した。

 業務用8Kディスプレイも開発。独自の画像処理技術を用いて高輝度・高コントラスト・広色域表示を可能にし、人間の視認限界に迫る300ppi超の画素密度を実現。繊細な光の強弱の再現も可能な「超臨場感」を達成したとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -