ニュース
2015年09月10日 04時57分 UPDATE

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」はどう変わった? 3D Touch、カメラ、ローズゴールド……速攻チェック (1/3)

iPhone 6sとiPhone 6s Plusは昨年モデルのiPhone 6/6cからどう変わったのか。変更点をチェックしよう。

[ITmedia]

 米AppleがiOS搭載スマートフォンの最新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を日本などで9月25日に発売する。昨年モデルのiPhone 6/6 Plusからどう変わったのか、早速変更点をチェックしてみよう。

photo 新色も加わったiPhone 6s

 大きく変わったのは以下の3つだ。

  • 「3D Touch」ディスプレイ搭載
  • 新色「ローズゴールド」登場
  • カメラが1200万画素など、ハードウェアの向上

 ストレージ容量ごとに3モデルをラインアップ。SIMロックフリーモデルの価格はiPhone 6sは8万6800円(税別)から、6s Plusは9万8800円(同)から。6と6 Plus、5sも併売される。

  iPhone 6s iPhone 6s Plus iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 5s
16GB 8万6800円 9万8800円 7万4800円 8万6800円 5万8800円
32GB 6万4800円
64GB 9万8800円 11万800円 8万6800円 9万8800円
128GB 11万800円 12万2800円
photo

圧力を感知する「3D Touch」

 ディスプレイは、Apple Watchなどが採用した技術を採用し、圧力も感知。最新のiOS 9と組み合わせ、従来のタッチに加え、さらに深く押し込むことで新しい操作が可能になっている。

 例えば、受信ボックスにある電子メールを軽くプレスすると「Peek」機能により内容を覗いてみることができる。さらに深く押し込むと「Pop」機能によりメールが開く──といった具合だ。友人からWebサイトのURLが送られてきたらPeekでWebサイトをチラ見し、さらにプレスするとページの上部が表示されるといった使い方もあるという。

photo Peekで内容をチラ見、押し込んでPopで表示といった操作ができる
photo カメラ撮影中、撮った写真をチラ見、さらに押し込んで編集──など

 ディスプレイのサイズと解像度などは変わらず、6sは6と同じ4.7インチ/1334×750ピクセル(326ppi)、6s plusは5.5インチ/1920×1080ピクセル(401ppi)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -