ニュース
2015年10月07日 11時46分 UPDATE

格安SIM「mineo」、au/ドコモのマルチキャリア対応「arrows M02」投入 au VoLTE対応SIMも

格安SIMサービス「mineo」がauとドコモの両回線で使えるスマートフォン「arrows M02」を11月に発売する。

[山崎春奈,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは10月6日、MVNOサービス「mineo」(マイネオ)の新端末として、auとドコモの両回線で使えるマルチキャリア対応スマートフォン「arrows M02」(富士通)を11月19日に発売すると発表した。VoLTE対応SIMも発売し、夏モデルの最新端末も利用できることをアピールする。

photo arrows M02

 同社はNTTドコモの回線を利用した「ドコモプラン」を9月にスタート。従来の「auプラン」と合わせ、ユーザーが端末やエリアに合わせて最適な回線を選べる「マルチキャリアMVNO」をうたっている。「複数回線割」「家族割」など、複数契約を後押しする施策も展開している。

 新プランによるユーザーの伸びは好調で、総契約数は10月4日時点で12万件を突破。この1カ月で約3万件が増えており、うちドコモプランは2万件。サービス開始初日だけで約5000件の申し込みがあったという。

 arrows M02は、マルチキャリアの利点を生かし、au/ドコモどちらでも使える新端末だ。Android 5.0をベースに、5インチの有機ELディスプレイやおサイフケータイ機能を備える。カラーはブラックとホワイトに加え、MVNOユーザーに女性を増やしたいという狙いから、mineo限定カラーとしてピンクもラインアップ。au回線の場合、mineo初となるVoLTEにも対応する。価格は11月に発表する。

 新端末発表に合わせ、「au VoLTE対応SIM」も発売する。2015年夏モデル「Xperia Z4 SOV31」「Galaxy S6 edge SCV31」など、au VoLTE対応かつSIMロック解除可能な端末が対象となる。既存ユーザーは2000円で対応SIMに交換できる。

 iOS 8搭載iPhoneではau回線が利用できない“原因不明”のトラブルがアナウンスされていたが、今回の発表会ではau版、ドコモ版、SIMフリー版いずれの端末でも使えるという動作確認結果を発表。iPhone 6s/6s Plusも問題なく利用できるようだ。

photo iPhoneでの動作確認状況
photo 各キャリアのほぼすべての端末に対応

 モバイル事業戦略グループの津田和佳グループマネージャーは「3キャリアのほぼ全ての端末がmineoで使えるようになったことをアピールし、MVNO自体を利用するハードルも下げていきたい」と話し、さらなるユーザー拡大を目指す姿勢を見せた。

photo ケイ・オプティコムモバイル事業戦略グループ 津田和佳グループマネージャー(左)、富士通 公共営業本部エネルギー統括営業部 甫立和也統括部長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -