ニュース
2015年10月07日 15時13分 UPDATE

Twitter、ツイート数表示ボタンを11月20日までに廃止 「限りある開発リソースの中での難しい決断」

米Twitterは、ツイートボタンのデザイン変更とツイート数表示の廃止を11月20日までに行うと発表した。「限りある開発リソースの中で優先すべきプロダクトを選択した結果」と廃止に至る経緯を説明している。

[ITmedia]

 米Twitterは10月6日(現地時間)、ツイートボタンとフォローボタンのデザインを一新し、ツイート数表示を終了する変更を11月20日までに完了すると発表した。廃止の判断に至る経緯、開発上迫られた「トレードオフ」の詳細をブログで公開している。

photo 新デザインのツイートボタン

 ボタンの仕様変更は9月23日(現地時間)に開発者向けフォーラムでアナウンスされており、デザインの変更だけでなくツイート数を取得するAPI「count.json」を終了する旨も含まれていた。

 Webサイトに設置されているツイートボタンはコンテンツの拡散力や注目度を示す指標としてツイート数を同時に示す形で使われていることも多く、急な終了に対してユーザーからは反発や懸念の声も多く上がっていた。

photo ITmedia ニュースの記事面でもツイート数を表示している

 限りある開発リソースの中で優先すべきプロダクトやパブリックAPIを選択した結果――多くの反響を受け、Twitterは今回の判断に至るまでの経緯の説明をブログで公開した。

 カウントされる数値自体がリプライや引用ツイート、同じコンテンツが違うURLで示されている場合、ユーザーのフォロワー数など本来Twitterが持つインパクトを正確に反映していないこと、カウントAPIは正式公開しているパブリックAPIに含まれず、信頼性に難があること――などを理由として挙げている。

 技術面でも、自社で開発した分散型データベース「Manhattan」への移行を進める中で、カウントシステムはCassandraの古いデータベースに依存しており、保守性の観点から継続には問題があるという。

 「この機能を廃止するか、モダンな技術スタック上で再構築するかの選択をする必要」に迫られ、再構築のコスト、よりインパクト機能の開発スピードへの影響などを考慮した末、「最も影響の受けるいくつかのお客様の意見をうかがった結果」、廃止に至った──としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -