ニュース
2015年10月13日 18時07分 UPDATE

「&TOKYO」に「似ている」指摘ロゴの仏企業、「日仏友好のためロゴ変えるので支援を」と寄付金募集中

東京都が発表したロゴマーク「&TOKYO」が海外のロゴに似ていると指摘する声が上がっているが、舛添知事は「エンブレムとは違う」と問題ないとの認識を示した。一方、似ていると指摘されたフランス企業は「ロゴ変えるので支援を」と寄付金を募集している。

[ITmedia]

 東京都が「東京ブランド推進キャンペーン」で発表したロゴマーク「&TOKYO」をめぐり、海外に似ているロゴがあるとネット上で指摘されていることに対し、舛添要一知事は10月13日の会見で、「(五輪)エンブレムとは全く違う」と問題はないとの見解を示した。一方、ロゴが似ているとされるフランスの眼鏡メーカーは「日仏友好のためロゴを変えます」として、変更費用の寄付を求めるページを公式サイトに公開している。

photo 「&TOKYO」ロゴ

 キャンペーンは、2020年東京オリンピック・パラリンピックとその後に向けて東京をブランド化していく狙い。「&TOKYO」は「●●&TOKYO」といった形で別のものと組み合わせ、東京の魅力をアピールすることを想定している。企画は博報堂の提案が選ばれ、クリエイティブディレクターはアートディレクターの永井一史さんが務めた。

 これに対し、ネットではフランスの眼鏡メーカー「Plug&See」やニュージーランドの弁護士事務所のロゴに使われている「&」が似ていると指摘する声が上がっていた。

photo 「&TOKYO」ロゴに似ていると指摘された「Plug&See」のロゴ(下)

 舛添知事は13日の会見で、「&」は記号であり、ありふれたもののため「著作権の対象にはならない」と改めて説明。「一生懸命探したのだろうと思うが、(&やTOKYOは)ごまんとある。もっと見つかってもいい、&の書き方はいろいろあっていいのだから」と述べ、「全く問題ない」との認識を示した。著作権では問題になりえず、商標登録も申請済みとして、法的にはクリアだと強調している。

 ロゴ関連でかかった費用1億3000万円の内訳は、(1)ロゴマーク自体に500万円、(2)商標調査に2540万円、ポスターや映像などPRツールのデザイン経費に7000万円──などだという。

 16日から、「&TOKYO」ロゴを公式サイトからダウンロードして、無料で利用できるようにする。舛添知事は米ニューヨークの「I LOVE NY」ロゴを例に挙げ、「何千億円になって返ってくる」と浸透に期待した。

photo 「日仏友好のため、ロゴを変えます」と支援を求めている

 一方、ロゴが似ているとされた、フランス・リヨンの眼鏡メーカーPlug&Seeは、公式サイト内に寄付金を求めるページを公開。ロゴが似ていると指摘されていることは海外報道で把握しているようで、「日仏友好のため、ロゴを変更するつもりです。新しいロゴを支援するための資金をお願いします!」と、クレジットカードから寄付できるページを公開している。東京進出も検討するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -