ニュース
2015年10月26日 15時48分 UPDATE

イベントや生放送の“打ち上げ”はアプリ上で niconicoのチャットアプリ「ニコルン」リリース

niconicoのイベントや生放送と連動したチャットアプリ「ニコルン」をドワンゴがリリース。交流だけでなく、演者同士の会話も楽しめる。

[山崎春奈,ITmedia]

 ドワンゴは10月25日、「ニコニコ超パーティー2015」で生放送やチャンネル、イベントと連動予定のチャットアプリ「ニコルン」を発表した。人気ユーザー同士の会話を楽しんだり、ファンとリアルタイムに交流したりできる。早速、楽屋で使っている様子を見せてもらった。

photo ニコルン

 「超パーティー」などのイベント、「ゲーム実況」「踊ってみた」などのジャンル別に「ラウンジ」が設けられ、トピックごとの「ルーム」でチャットを楽しめる。特定の話題について情報共有、交流することはもちろん、人気ユーザーと直接やりとりできるのもポイントだ。イベント登壇者など運営側が指定したユーザーがログインするとアイコン付きで本人が参加したことを示す演出がなされ、、リアルタイムに発言を読める。

 これまでのイベントや生放送で、終了後も盛り上がりが続き、ファン同士がTwitterや過去の投稿動画のコメントで“2次会”しているケースが少なくないことを受けて開発したという。

「イベントで使うと楽しい!」 演者同士の交流も

 発表当日は総出演者300人以上の大イベント「ニコニコ超パーティー2015」の真っ最中。マインクラフトなどのゲーム実況で人気の茸さんに、出演時間の合間に楽屋で初めて使う様子を見せてもらった。

photo 興味津々の茸さん

 イベント出演者はアイコン付きで表示されるよう登録済みなので、「超パーティー」用に作られたルームに入ると、アイコン付きで入室をアピール。ユーザーからも「きた!」「茸さんだ!」というコメントが一斉に流れる。「誰か来た」ことがプッシュ通知で知らされるので盛り上がりやすくなっている。

 流れるコメントに反応していると、同じく出演者の「__」(アンダーバー)さんも入室し、会話に参戦。早速「アンさん!」と話しかける茸さん。

photo 信じてもらえないので自撮りをアップする
photo 2人が同時にチャットに参戦。見守るユーザーも盛り上がる

 楽しく会話を重ねているので、お知り合いなんですか? と聞くと、「いや、ちゃんと話したことないんですよ」。楽屋で周りを見渡すと……。

photo ニコルンをきっかけに出会った2人
photo 「……なんか服装が似てますね」(茸さん)。背景も白ですみません
photo お互いにのぞきこみながら

 「……これ、イベントだとすごく楽しいですね。演者もそれぞれ違う場所で違うことをしていることが多いので、こういう場所があるとまた違う盛り上がり方ができそうです」(茸さん)

 今後、「ニコニコ超会議」「闘会議2016」をはじめ、各イベントでルームを開設していくという。当日夜には打ち上げ会場として「アフターパーティールーム」が設置され、盛り上がった。

 茸さん自身は11万人を超えるフォロワーを抱えるTwitterで情報発信することが多いというが、「どうしても情報は流れていってしまうので、自分のルームに投稿告知してストックしつつ、すぐに感想をもらえたら楽しそう」。生放送をするほどの時間はない時、寝る前や出番前のちょっとした時間の近況報告やユーザーとの交流など、Twitterと生放送のそれぞれを補完するような形で使いたいと話した。

 「演者自身の関係も見てもらえるのは面白いですね。実況者グループのLINEに何か送っても反応が返ってこないこともあるので、こんな風にみなさんに見られてるニコルンの上で送った方がいいかも……(笑)。何人かで集まってこれを使った旅企画とかやってみたいです」(茸さん)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -