ニュース
2015年11月04日 17時43分 UPDATE

孫社長、米国のSprint本社近くに家を買う 再建に本腰か

ソフトバンクグループの孫社長が、傘下のSprint本社近くに住宅を購入したようだ。

[大村奈都,ITmedia]

 米Sprintを傘下に持つソフトバンクグループの孫正義社長が、同社の米国本社近くに住宅を購入したようだ。米Wall Street Jouanalが複数の関係者の話として伝えている。

photo 孫社長(8月の決算発表会配信映像より)

 記事によれば、孫社長は最近になって米カンザス州カンザスシティーに住宅を購入したという。Sprintの本社はカンザスシティー近郊のオーバーランドパークにあり、そこに通う時間を節約するのが目的とみられている。ただし、日本国内の事業に関心をなくして本格的にカンザスシティーに常駐するというわけではないそうだ。

 ソフトバンクグループは2013年、米大手キャリアの一角を占めるSprintを約220億ドルで買収。経営再建に乗り出すとともに、米国進出の足がかりにしようとした。しかし米独禁法当局の反対でT-Mobileの買収に失敗し、Sprintの業績は劇的な回復には至っていない。2015年には契約者数で4社中4位に転落したほか、同年第2四半期の業績も低迷していると伝えられている(ただし赤字幅は縮小している)。

 ソフトバンクグループが同社を手放すという観測も根強いが、孫社長は「Sprintを売る気は全くない」「必ず改善してみせる」と明言し、今年になってSprint株を追加取得している。今回の住宅購入も、同社の立て直しにかける孫社長の本気度を示すといえそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -