ニュース
2015年11月13日 13時04分 UPDATE

Twitterのアンケート機能が「2択」から「4択」に?

Twitterのアンケート機能が4択までに拡張されるかもしれない。その兆候がソースコードから発見された。

[大村奈都,ITmedia]
photo Twitter Polls

 米Twitterが10月に導入した投票機能「Twitter Polls」では、質問に対して2つの選択肢を用意できる。回答が「はい」「いいえ」になるような質問ならいいが、例えば「好きな調味料は?」の選択肢がソースとしょうゆだけではケチャップ派が困る――など、「選択肢が3〜4つ欲しい」という声は多かった。そんな中、4択機能の追加を示唆するヒントが発見された。

 投票欄を設けたツイートのHTMLソースコードを見てみると、ラジオボタンを表示するタグ<input style="radio">が4つ並び、「回答 1」から「回答 4」までの文字が確認できるものの、「回答 3」「回答 4」の行は非表示となっている。つまり、見た目の選択肢は2つしかないが、4択まで拡張するための機能はすでに用意されている可能性がある。

photo 投票欄を設けたツイートのHTMLソースコード。ラジオボタンのタグが4つ並び、「回答 1」〜「回答 4」の文字がある

 これを発見したブログメディアの携帯総合研究所は、投票機能が今のところ2択までに制限されている理由について、選択肢には20文字まで入力できるため、仮に4択になるとTwitterの140文字制限を大きく超えてしまうからではないか――と推測する。

 ただし選択肢が2つの今も、投票ツイートでは116文字の質問に2つの選択肢を加え、実質的に156文字まで書き込めるため、それが絶対的な理由ではなさそうだ。Twitterは実装したばかりの投票機能について、近いうちに改良を予定しているのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -