ニュース
2015年11月25日 16時34分 UPDATE

iPad Proに対応したGarageBand、間もなく登場?

AppleサイトのiPad Proスクリーンショットに、次期GarageBandが潜んでいることが分かった。

[松尾公也,ITmedia]

 せっかく発売されたiPad ProだがApple PencilもSmart Keyboardも4〜5週間待ちという状態。音楽制作ならばどうかとAppleは自社ページでGarageBandを提案しているのだが、どうもおかしいことに気づいた。

 購入したiPad ProでGarageBandを走らせてみると、どうしてもAppleのサイトにあるものと同じデザインにならないのだ。

photo Apple公式サイトでiPad ProとGarageBandを紹介する写真、だが……

 Appleの公式サイトに掲載されている画面写真では、Classic Rock Organという、ハモンドオルガンを模した音源に2段鍵盤が配置されており、その左上にはトーンホイールをコントロールするドローバーがある。しかし、iPad Proに現在インストールできるGarageBand(バージョン2.0.7)ではこのようなデザインにならない。2段鍵盤にすると、ドローバー表示は隠されてしまうのだ。

 Appleサイトの写真では鍵盤の縦サイズが短くなっており、ドローバーを表示するスペースが生まれている。さらに、楽器を選択する「音源」がアイコン化されているようだ。

 このことから、iPad Proに最適化されたGarageBandの新バージョンが用意されていることが予想できる。もっともこれはiPad Proの登場に合わせるべきだったと思われるのだが。

 iPad Pro最適化バージョンでは表示・編集できるトラック数が現在の8からさらに増えそうだし、Smart Guitarで演奏可能な領域は現行の8フレットからさらに高音域までカバーできるかもしれない。

 同様に、Macで動作する音楽制作ソフトLogic Pro XをiPadからコントロールする、コントロールサーフェスアプリ「Logic Remote」もiPad Proに最適化されたデザインとを期待したいところだ。

 これら純正音楽制作アプリが登場すれば、画面サイズが広がり、スピーカーの強化により音量・音質も向上した「楽器としてのiPad Pro」の評価は高まりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -