ニュース
2015年11月30日 13時18分 UPDATE

シャープ、奈良・天理工場に本社移転か

シャープが奈良県の天理工場に本社を移転する検討を始めたという。日刊工業新聞が報じている。

[ITmedia]

 シャープは、大阪市阿倍野区の本社を2016年内に天理工場(奈良県天理市)に移転する検討を始めたという。日刊工業新聞が11月30日付けで報じた

photo 天理工場の総合開発センター

 天理工場はシャープの研究・生産技術開発拠点で、小規模ながら液晶ディスプレイの開発・製造も手掛けている。記事によると、度重なる事業再編などの影響で、同工場内には多くの空きスペースが生まれているという。

 現在、本社ビルに在籍している社員は約800人。そのうち過半数を占める営業関連部門は大阪市内の別拠点に移り、残りの間接部門などが天理工場に移転するという。

 同社は9月、主力の液晶事業の不振を受け、本社ビルをニトリに売却すると発表。液晶事業部門が入居していた本社向かいの田辺ビルもNTT都市開発への売却を決め、来年3月18日に引き渡しを予定している。9月時点では、引き渡し後も2018年までは賃料を支払いながら現本社ビルに入居を続け、新しい移転先は決まり次第発表するとしていた。

追記:ITmediaの取材に対し、担当者は「天理工場への移転は考えていない」とコメントしている。詳細記事はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -