ニュース
2015年12月03日 17時41分 UPDATE

人々はFacebookをやめると幸せになる――デンマーク研究

Facebookを1週間やめるだけで人々の幸福度はアップする――そんな研究レポートが発表された。

[大村奈都,ITmedia]
photo ※写真はイメージです

 Facebookを1週間やめるだけで、人々の感じる幸福度はアップする――そんな調査結果をデンマークの「幸福度研究所」(Happiness Research Institute)がこのほど発表した。

 「Facebook体験」と題するこのレポート(PDF)で、デンマーク在住の男女1095人に対する実験結果をまとめた。デンマークではFacebookが国民的なSNSとして浸透しており、被験者のうち94%が毎日チェックし、78%が毎日30分以上閲覧、69%が日常的に写真などを投稿しているという。

 実験では、被験者をランダムに2つのグループに分け、片方のグループだけにFacebookの利用を1週間中止させた。すると、実験前は2つのグループのアンケート結果に差はほとんどなかったものの、最終日には「幸福だ」と答えた人の割合が、Facebookをやめたグループ(88%)が使い続けたグループ(81%)を7ポイント上回る結果になったという。

photo Facebookを続けたグループとやめたグループのアンケート結果

 また「人生を楽しんでいる」という回答の割合は84%対75%、「悲しい気分だ」と答えた人の割合は22%対34%と、いずれもFacebookをやめたグループの方が幸福という結果になった。

 レポートではこのほか、「Facebookユーザは55%がストレスを感じている」「3人に1人は『#HAPPY』タグがついた他人の投稿に嫉妬を感じている」「39%以上は友人より幸福ではないと感じている」――などのショッキングな数字が並んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -