ニュース
2015年12月11日 18時38分 UPDATE

ソフトバンク、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了 LTEに振り替え 利用できなくなる端末も

ソフトバンクは、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを終了し、帯域をLTEサービスに振り替える。利用できなくなる端末が一部発生するため、ユーザー向けに機種変更キャンペーンを提供する。

[ITmedia]

 ソフトバンクは12月11日、1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービスを2017年3月末以降に終了し、帯域をLTEサービスに振り替えると発表した。1.5GHz帯/1.7GHz帯3Gサービス終了に伴い、利用できなくなる端末が発生するため、ユーザー向けに機種変更キャンペーンを実施する。


画像
画像

 1.5GHz帯の3Gサービスは17年3月末に、1.7GHz帯の3Gサービスは18年1月末に終了する。1.5GHz帯は終了に先駆け、16年9月以降、関東の一部地域で下り最大通信速度が低速化する。

 1.5GHz帯LTEサービスは17年4月以降、1.7GHz帯LTEサービスは18年2月以降順次拡大する予定だ。

 1.5GHz帯/1.7GHz帯の3Gサービス終了に伴い、一部のプランや端末が利用できなくなったり、利用エリアが変わったり、通信速度が低下する。対象端末のユーザーには、機種変更キャンペーンを提供する。

 3G対応プランでは、ソフトバンクの「データフラットプラン」や「データし放題」、ワイモバイルの「ウィルコムプランW」「データプラン」などが終了する予定。

 利用できなくなる端末は、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi BB 101SB」、ワイモバイルのPHS「PORTUS WX02S」、スマートフォン「HTC Aria S31HT」など。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -