ニュース
2015年12月16日 20時53分 UPDATE

あなたもアニメの世界に? 顔の表情と2次元キャラが連携「FaceRig Live2D Module」

2次元キャラクターのイラストをアニメーションとして動かし、Webカメラで読み込んだ顔の動きや表情と連携できる「FaceRig Live2D Module」が登場。Steamで購入できる。

[ITmedia]

 自作の2次元イラストを立体的なキャラクターに変換し、Webカメラで撮影した自分の顔の動きや表情と連動させる「FaceRig Live2D Module」がSteamで配信されている。

photo キャラクターと顔の表情が連動
photo “ジト目”もそのまま

 Live2DとHolotech Studios(ルーマニア)が共同で開発。2次元イラストを原画のまま用いて、立体的なアニメーションを付けられる「Live2D」と、Webカメラで顔の表情をキャプチャし、CGキャラクターと連動させる「FaceRig」という両社のソフトウェアを組み合わせた。

 FaceRigの拡張モジュールとして動作する。「Live2D Cubism Editor」でイラストから3次元のキャラクターを制作し、「FaceRig」にキャラクターを反映すると、Skypeなどのアプリケーションを通じてWebカメラに映った表情とリアルタイムで連動できる。自分でイラストを描かなくても、Live2Dのサンプルデータを利用可能だ。

 通常価格は398円(税込)で、利用にはFaceRig(Steam価格は1480円)が必要。FaceRigの対応OSはWindows 7以降。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -