ニュース
2015年12月22日 14時21分 UPDATE

ユニティちゃん、ゲームエンジンから飛び出しボカロとして一般販売が決定

Unity用VOCALOID SDKが提供開始。そしてVOCALOID Editorで使える一般向けバージョンも1月に発売。

[松尾公也,ITmedia]

 ヤマハとユニティが共同で取り組んできたユニティちゃんVOCALOIDがゲームエンジンUnityから飛び出し、一般ユーザーも使えるようになる。Windows、Mac、iOS向けに発売が決まった。

photo
photo コンテンツのイメージ

 ヤマハはゲームエンジンUnity上で動作するVOCALOIDコンテンツの開発キット「VOCALOID SDK for Unity」の提供を12月21日、開始した(Unity with VOCALOID特設サイトからダウンロード可能)。この開発キットを使うと、VOCALOIDを使用したゲームなどコンテンツを作成し、Unityを通してWindows、Mac、iOSなどで動作するアプリを提供できる。Android向けVOCALOIDエンジンも将来的に提供される予定だ。

photo ユニティちゃん

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン公式キャラクターである「ユニティちゃん」のオリジナルVOCALOID「Unityランタイム版VOCALOID Library unity-chan!」も提供。いずれも「ユニティちゃんライセンス条項」に準拠することで無償利用できる。

 Unity向けVOCAOIDはPCやiOSデバイスで作成したVSQ、VSQXファイルを読み込み再生が可能。リズムゲームなどに向いた低レイテンシーのリアルタイム発声モードも備える。

 ユニティちゃんの一般向けVOCALOIDライブラリは、WindowsとMac向けが1月中旬からVOCALOID SHOPでダウンロード販売予定。12月29日から開催されるコミックマーケット89の西4階企業ブースNo.131「unity-chan!」でスペシャルパッケージ版が先行発売される。

 iOS版はMobile VOCALOID Editorのアプリ内課金で1月下旬から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -