ニュース
2015年12月25日 14時53分 UPDATE

急増するAmazonの時価総額、Apple超えの日は?

株価の時価総額でトップを続けるApple。このところ業績好調なAmazonが追いつき、追い抜く日はやってくるのか。

[大村奈都,ITmedia]

 2015年の1年間で、米Amazon.comの株価は約300ドルちょっとから約670ドルへと、2倍強になった。現在の時価総額は約3000億ドルで、米株式市場で5本の指に入る。

 この勢いは、どこまで続くのか。米国の株式市場でトップを誇る米Appleの時価総額、約6000億ドルを追い抜く日は来るだろうか。

 米Wall Street Journalによれば、MKM Partnersのロブ・サンダーソン氏は、「Amazonの株価は近いうちに800ドルまで上がる」と予測している。

 これはアナリストの中でも高い方の予想だが、飛び抜けているわけではない。多くのアナリストがAmazonの株価は上昇するとしており、野村證券のアナリストであるロバート・ダーバル氏はさらに高い「850ドル」との予想を立てている。

 さらにサンダーソン氏は、「Amazon株は3〜4年のうちに現在の2倍、1300ドル台まで上がるだろう」とも予想している。株価が1300ドルを超えれば、Amazonの時価総額は6000億ドルを大きく超え、Appleの現在の時価総額約6200億ドルにほぼ並ぶことになる。

photo Amazonの投資家向けページ

 AppleはiPhone発表からほぼ1年後にGoogleを、2010年にはMicrosoftも抜きIT企業でトップに踊りでた

 Amazonは、AWSの業績がよく、7-9月期決算で前期に続く黒字と好調が続いている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -