ニュース
2016年01月07日 12時39分 UPDATE

ソニー、アナログレコードをハイレゾ録音するターンテーブル「PS-HX500」

ソニーが、ハイレゾ音源に対応するアナログターンテーブル「PS-HX500」を発表した。

[ITmedia]

 ソニーは1月6日、アナログレコードをハイレゾ音源に変換できるターンテーブル「PS-HX500」を「CES 2016」(米ラスベガス、1月6〜9日)で発表した。米国で今春に発売を予定する。

photo PS-HX500
photo

 アナログレコードをPCM 192kHz/24bit、DSD 5.6MHzのハイレゾ音源で録音できる。フォノイコライザーなど、レコードの音源を高音質にデジタル変換するための機能を内蔵し、本機とPCだけで作業できるのが特長だ。PC用の無料ソフト「Hi-Res Audio Recorder」(Windows/Mac)を用い、USB経由での音源の保存や編集も可能。スマートフォンやカーオーディオ、ハイレゾ対応ウォークマンでレコードの音を楽しめるとしている。

 駆動はベルトドライブ方式を採用し、アルミダイキャスト製のプラッター、厚さ5ミリのラバーマットを搭載する。トーンアーム部分も新設計のストレートタイプで、耐久性と安定性を向上させた。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -