ニュース
2016年01月20日 19時34分 UPDATE

ゼンリン、地図データをデザインした文房具シリーズ「mati mati」 丸の内、表参道など4エリアをプリント

ゼンリンが、実際の地図をデザインに活用した文房具を発売した。

[ITmedia]

 ゼンリンは1月15日、実際の地図データをデザインに使った文房具「mati mati」シリーズを発売した。首都圏と福岡県のロフト18店舗で先行販売し、2月以降その他の店舗に順次拡大する。

photo 「mati mati」シリーズ

 クリアファイル、マスキングテープ、ノートパッド、ブックマークを用意。デザインには、東京・丸の内、表参道、吉祥寺、福岡・天神の4カ所の地図を採用し、全16種類の文具を販売する。

 「3 LAYER mati FILE」は、地図作りの「レイヤー構造」をイメージしたA4サイズのクリアファイル。異なるデザインの4枚を重ねると1枚の地図が完成する。価格は380円(税別)。

photo 「3 LAYER mati FILE」

 「STREET MEMO TAPE」は、各地の有名な通りをモチーフにし、道路にメッセージを“落書き”できるマスキングテープ。幅は27ミリ、長さは5メートル。価格は430円(同)。

photo 「STREET MEMO TAPE」

 「MAP WRAP NOTEPAD」は、切り離すとラッピングにも使えるノートパッド。B5幅の正方形型で、中紙にはデイカラーとナイトカラ―の2種類を収録する。価格は380円(同)。

photo 「MAP WRAP NOTEPAD」

 「TOWN STORY BOOKMARK」は、街ごとの特徴をピクトグラムで表現した。ブックマークやクリップとしてだけでなく、グリーティングカードにも利用できる。定型の郵送も可能な便せんも同封する。価格は400円(同)。

photo 「TOWN STORY BOOKMARK」

 長年蓄積した地図データを生かし、新しい市場の開拓を進める――という、同社の商品化企画の第1弾。地図の「機能的価値」だけでなく、地図柄や街の特徴などに着目し、20〜30代の女性社員がプロジェクトチームが企画したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -