ニュース
2016年01月27日 20時14分 UPDATE

「ムシブギョー」にキャラデザ酷似を指摘した「少女前線」、サンデー編集部の発言に謝罪要求 「クリエイターに非常に失礼」

漫画「ムシブギョー」の新キャラクターが、スマホゲーム「少女前線」のキャラと酷似しているという指摘を受けデザインを変更した問題で、運営側がサンデー編集部のツイート内容に関して「クリエイターに対して非常に失礼」と謝罪を求めている。

[ITmedia]

 少年サンデーで連載中の漫画「常住戦陣!!ムシブギョー」の新キャラクターが、スマートフォン向けゲーム「少女前線」のキャラクターと酷似しているという指摘を受け、デザインを変更した問題で、「少女前線」側の公式Twitterアカウントが1月27日にコメントした。編集部のツイート内容を「クリエイターに対しても非常に失礼」とし、訂正と謝罪を求めている。

photo 「少女前線」のキャラクター「モーゼルKar98K」(公式Twitterより)

 少女前線の関係者が比較画像を公開するなどして指摘し、26日に同編集部がデザインの変更を発表した。「(作者の)福田宏先生がタイトルすら聞いたことがない海外ゲームのキャラに似ているとの指摘を受け」、「ファンの皆様に無用の誤解を与えてしまうのは作者、編集部共に本意ではない」と変更理由を説明していた。

 これに対し「少女前線」の公式アカウントは27日、「サンデー編集部の発言について、非常に残念に思います」とツイート。中国の開発会社Wave-Gamesが開発し、日本向け配信を今夏予定する同作品には、日本のイラストレーターや声優も多数参加しており、「タイトルすら聞いたことがない」という言葉は「クリエイターに対しても非常に失礼」と訂正や謝罪を求めている。

photo 「常住戦陣!!ムシブギョー」(サンデーのWebサイトより)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -