ニュース
2016年02月05日 16時53分 UPDATE

バリバリ音が気にならない面ファスナー 帝人「ファスナーノ」を開発

ポリエステル繊維を使った面ファスナー「ファスナーノ」を帝人が開発。柔らかな生地を採用し、取り外す時の騒音を抑え、寝具や雑貨に活用する。

[ITmedia]

 このほど帝人は、ポリエステル繊維製の面ファスナー「ファスナーノ」を開発した。柔らかいパイル地を採用し、剥がす時の「バリバリ」といった音を静かに抑え、介護用や一般の寝具、雑貨などに活用を見込む。

photo

 ファスナーの片面にポリエステル繊維「ナノフロント」を使用。繊維1本の直径が700ナノメートルと極めて細く、高い摩擦力を生かし、もう一方の立毛生地の毛先に絡み付く仕組みだ。

 水平方向に引っ張る時は高い接着性で剥がれにくく、垂直方向へ引っ張る際は生地同士が簡単に剥がれるため、わずかな力で着脱できる。取り外す時の音も、一般的な室内の騒音量と同等のレベルで、ほとんど気にならないという。

 肌に触れても痛みは感じない柔らかい生地を使い、枕カバー、スリーパー、ケープ、パジャマなどの開発に応用する。今春からアメニティ用品のシリーズ「ここちサイエンス」のラインアップとして展開するほか、2016年度中には面ファスナーテープとしても発売を目指す。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -