ニュース
2016年02月12日 18時20分 UPDATE

春の嵐 西は土曜から 東・北日本は日曜

週末は全国的に春の嵐に。西日本は13日(土)から、東日本・北日本も14日(日)は風が強まる恐れがあります。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 週末は全国的に春の嵐になります。西日本は13日(土)から、東日本、北日本も14日(日)は風が強まり、交通機関に影響が出る可能性も。

photo 週末は発達する低気圧の影響で嵐に

【九州・中国・四国】13日(土)から風強く、短時間に雨脚強まる

 九州と中国、四国は13日(土)の朝から断続的に雨脚が強まって、午後は雷を伴った激しい雨の降る所もあるでしょう。14日(日)の朝にかけて雨が残る見込みです。

 風は13日(土)朝から次第に南風が強まって、太平洋側の沿岸部を中心に10メートルを超えるような強風が吹き荒れる見込みです。

 13日(土)は南風で気温が上がり、福岡と松江で20度、高知で18度まで上がる予想ですが、14日(日)は西または北西の強い風に変わり、日中は冬の空気に入れ替わるでしょう。

【近畿〜関東】 日曜日は春の嵐

 13日(土)の昼ごろからは、近畿から東海の広い範囲で雨が降り始め、13日(土)夜から14日(日)の朝にかけては、一時的に強く降る所もあるでしょう。13日(土)は曇り空の関東も、14日(日)の日中はザッと雨が降りそうです。

 近畿から関東の風は、13日(土)の夜から強まり始め、14日(日)日中にピークを迎えると見ています。沿岸部を走る鉄道など、交通機関に影響が出る可能性があります。

 生暖かい南風の影響で土日とも気温がかなり高く、最高気温は東京は土曜日19度、日曜日23度まで上がる予想です。

【東北・北海道】 日曜日、北海道は湿った大雪

 13日(土)サハリンを低気圧が通過し、嵐をもたらす低気圧が14日(日)に北海道を通過する見込みです。

 東北と北海道は13日(土)朝から弱い雨や雪が降るでしょう。その後、雨や雪のやむ所がありますが、14日(日)は東北で再び雨、北海道は大雪になる見込みです。東北の日本海側は、夜から湿った雪に変わるでしょう。

 風のピークは2回。13日(土)の日中に南風がやや強まり、14日(日)の午後からは発達する低気圧の影響で風がさらに強まり、荒れた天気になるでしょう。

強風への備えを早めに

 嵐になる前に早めの準備が必要です。風が強まるのが早い九州は今日中に、中国、四国から北海道は、今日か13日(土)のできるだけ早い時間に、強風への備えをしておきましょう。

 ベランダの鉢植えなど風で飛ばされやすいものは、部屋の中にしまうか、動かないようにしっかりと固定しておきましょう。飛んできたもので窓ガラスが割れる恐れもありますので、雨戸を閉めたり、カーテンを閉めるなどしておくとよいでしょう。

 また、各地で気温が上がり、積雪の多い所も雪でなく雨が降る所が多くなる見込みです。融雪や雪崩にも十分注意してください。

Copyright (C) 2016 日本気象協会 All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -