ニュース
2016年02月19日 12時40分 UPDATE

ソニー、「α6300」3月発売 独自技術「4Dフォーカス」で高速・高密度AF

ソニーがミラーレス一眼カメラ「α6300」を3月に発売する。独自技術による高速・高密度のオートフォーカス、動体追従性が特徴だ。

[ITmedia]

 ソニーは2月19日、APS-Cサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの最上位機種「α6300」を3月11日に発売すると発表した。価格はオープンで、実売予想価格は、ボディのみが13万5000円前後、ズームレンズキットが15万円前後。

photo

 独自オートフォーカスシステム「4Dフォーカス」を搭載し、0.05秒の高速AFを実現。イメージセンサーの画面ほぼ全域に425点の像面位相差AFセンサーを配置し、高密度・高精度のピント合わせが可能になった。新開発した「高密度AF追従テクノロジー」で動体追従性能を向上し、スポーツシーンや動物の動きなど、複雑・高速に動く被写体を素早く捉えるという。

photo 高密度AF追従テクノロジー

 有効約2420万画素のAPS-Cサイズ「Exmor CMOSセンサー」を搭載し、最高ISO 51200の高感度撮影が可能だ。4Kの写真・動画撮影、フルHD 120fpsハイスピード撮影にも対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -