ニュース
2016年02月23日 17時32分 UPDATE

東京タワーや神宮球場の超リアルなジオラマ「3D Print Maps」 ゼンリンの地図データを活用

ゼンリンの「3D 都市モデルデータ」を使って、東京タワーや神宮球場の周辺を再現した3Dジオラマ「3D Print Maps」が発売された。

[ITmedia]

 3Dプリントの出力サービスを手掛けるアイジェットは2月22日、ゼンリンの地図データを活用したジオラマ「3D Print Maps」を発売した。「港区東京タワー周辺」「神宮球場周辺」「広島城・原爆ドーム周辺」の3つのエリアを用意する。オンラインストアから購入でき、90ミリ四方サイズ(縮尺1万2500分の1)は9800円(税別)。

photo 3D Print Maps

 自治体や建設業向けにゼンリンが提供する「3D 都市モデルデータ」を基に、地形や道路、建物の形状までリアルな街並みを再現し、フルカラー3Dプリンタで出力。サイズは90ミリ四方、140ミリ四方、190ミリ四方、290ミリ四方の4種類を用意し、140ミリ四方以上のサイズには額縁フレームを付属する。

 その他のエリアにも順次拡大予定だ。エリアや縮尺の個別オーダーにも対応するという。

photo
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -