ニュース
2016年03月08日 12時18分 UPDATE

石田三成が「忠義心No.1」をアピール? ゆるいBGMが癖になる“昭和風CM”滋賀県が公開

滋賀県が、戦国武将・石田三成とコラボした動画を公開した。昭和のテレビCMを思わせる内容で、石田三成の魅力をアピールする。

[ITmedia]

 滋賀県が、戦国武将・石田三成とコラボしたプロモーション企画「石田三成×滋賀県」のCM動画をYouTubeで公開している。

 少年が「武将なんてどれも同じでしょ?」と話すところから動画がスタート。昭和のテレビCMを思わせるBGMとともに、「武将と言えば石田三成」と女性の声が入り、通販番組の電話番号のように「1560(イチゴーロクゼロ)滋賀県生まれ」と続く。

photo 武将なんてどれも同じでしょ?
photo 武将と言えば石田三成
photo 1560(イチゴーロクゼロ)滋賀県生まれ

 さらに別の女性が登場し「配下に寝首をかかれないか心配で……」と困った顔を見せると、同様に「配下にするなら石田三成」とのアナウンスが流れる。その後、石田三成に扮した人物が「忠義心No.1宣言」とPRし、昭和風のフォントで「正しい理念で、すてきな治世 石田三成」とキャッチコピーを掲げる。

photo 配下に寝首をかかれないか心配で……
photo 配下にするなら石田三成
photo 画面の右下には「※故人の感想です」
photo 正しい理念で、すてきな治世
photo 武将の登用の際は、契約内容をよくご確認ください

 動画の最後には、滋賀県観音寺の「三献の茶」という架空の商品も紹介。石田三成が豊臣秀吉をもてなした「三献の茶」の逸話にちなんだもので、画面右上には「ぬるい・あつい・超あつい」とも書かれている。

photo 「三献の茶」の逸話にちなんだ架空の商品紹介も

 石田三成と滋賀県の魅力を発信するプロジェクトの一環。同県のページによると「近年ゲームなどをきっかけに人気を集め、NHK大河ドラマ「真田丸」でも活躍が期待されている」とし、三成と同県を結びつけたイメージアップ、認知度・好感度の向上を目指すという。27日には、第2弾動画を公開する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -