ニュース
2016年03月09日 10時02分 UPDATE

ウォズ、もうすぐジョブズの隣に——蝋人形になる喜びを語る(動画あり)

ウォズも蝋人形にしてやろうか。はい。

[松尾公也,ITmedia]

 リアルな等身大蝋人形で有名なマダム・タッソーのコレクションに、ウォズの愛称で親しまれているAppleの共同創業者であるスティーブ・ウォズニアックがもうすぐ加わる。

 ウォズは、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグに続いて、ベイエリアのテックイノベーターとして誰を蝋人形にしたらよいかという投票で、自身のプロモーションの成果もあり、この栄誉を勝ち取った。

 ウォズ蝋人形は当初は2015年秋の公開とされていたが、3月19日からサンノゼで行われるSilicon Valley Comic Conで初披露されることが決まっており、その後、サンフランシスコのマダム・タッソー館で、ジョブズの隣に立つことになる。

 蝋人形を制作するための撮影、計測には非常に手間をかけており、マダム・タッソーによれば精密な人形を作るために350カ所以上計測したという。動画には、最適な眼球を選んだり、髪の色、手の肌の色などをサンプルと比較しながら決めていく様子が収められている。計測後、3、4カ月を費やして制作を行うため、計測されている動画の撮影時期は昨年のものだ。

photo ウォズの眼球を選ぶ
photo 顔の幅も正確に計測
photo 完成品はこのポーズで?
photo 手型もとる
photo 計測項目は350以上

 映画スターや、大好きなミュージシャンであるマーク・ノップラー(ダイア・ストレイツのギタリスト)と同じように蝋人形になるのはすごいこと、とウォズは動画の中で語っている。

「昔みたいに、ジョブズの隣にぼくが並んでいる、それを見るのが待ちきれない」というウォズの夢が、もうすぐかなえられる。

 スティーブ・ジョブズの蝋人形には、東京・お台場のマダム・タッソー館でも会うことができる。その隣にもウォズが並ぶかどうかは不明だ。

photo お台場に行けばジョブズに会える

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -