ニュース
2016年03月11日 19時16分 UPDATE

遊んでいるうちに3歳児がプログラマーに

手で触れて遊べるプログラミング言語(玩具)「Cubetto」がKickstarterに登場した。

[大村奈都,ITmedia]

 絵文字でプログラミングするEmojicodeが「ビジュアルプログラミング言語と呼べるのでは」と話題になったが、Cubettoは究極のビジュアルプログラミング言語だろう。視覚的なだけではなく、手で触れてプログラムを作ることができるのだ。

 PRIMOが発売するCubettoは、一見積み木かブロック玩具のような「プログラミング言語」だ。Kickstarterで支援を募っている

 Cubettoは、昔から使われている教育用プログラミング言語のLOGO、特にそのタートル機能をベースにしている。顔が描かれ車輪のついた木製の箱(この箱自体もCubettoと呼ばれる)が、ユーザーのプログラムしたとおりに動く。というより、子どもがボード上に並べた色とりどりのブロックの指示どおりに動く。直進、右左折などの他に、サブルーチンを使って動きを制御することもでき、子供は自然にプログラミングの考え方に馴染んでいく。

photo ディスプレイを見なくてもプログラミングに親しめる

 完全にビジュアルなので、英語や日本語といった言葉の壁もない。この玩具は、独特な遊具を使って感覚教育を重視するモンテッソーリメソッドでも、承認されている。

photo 言語の壁を超え、習得できる

 「プログラミングは21世紀のリテラシーで、覚えさせるのは早い方がいい」とメーカーは言っているが、そんなことより、Cubettoは子供に対して「プログラミングはとても面白いものだ」と教える役割の方が大きいだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -