ニュース
2016年03月16日 16時55分 UPDATE

アナログレコードをハイレゾ録音できるターンテーブル、ソニーが発売

ソニーは、世界で初めて、アナログレコードの音をハイレゾ録音できるターンテーブル「PS-HX500」を4月16日に発売する。6万1000円(税別)。

[ITmedia]

 ソニーは3月16日、世界で初めて、アナログレコードの音をDSDなどのハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるターンテーブル「PS-HX500」を4月16日に発売すると発表した。6万1000円(税別)。

画像 PS-HX500
画像 ハイレゾ録音のイメージ
画像

 1月の「CES 2016」(米ラスベガス)で発表した製品。フォノイコライザーなど、レコードの音源を高音質にデジタル変換するための機能を内蔵し、専用ソフトをインストールしたPCとUSB接続すれば、手持ちのアナログレコードの音をハイレゾ録音できる。フォーマットはDSD(最大5.6MHz)、リニアPCM(最大192kHz/24bit)に対応した。

 ベルトドライブ駆動を採用。強度と重量のバランスに優れたアルミダイキャスト製のプラッターや厚さ約5ミリの新設計のラバーマット、厚さ約30ミリの高密度MDFを採用したキャビネットなどで高品位な再生を追求したという。新設計のストレートトーンアームにより耐久性と安定性を向上させた。

 録音したレコード音源をハイレゾ対応ウォークマンで持ち出す――といった使い方を想定している。

 ミュージシャンの坂本龍一さんと奥田民生さんが同製品にコメントを寄せている。坂本さんは「実はこの何年か昔のアナログ盤を買いあさっているんです。それらをDSDファイルにすることによって、手軽にいつでも世界中に持っていけるようになるんですから、こんなにうれしいことはありません」、奥田さんは「何百年後に残るのは、どう考えてもレコードではないかと」などと述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -