ニュース
2016年03月19日 10時42分 UPDATE

PlayStation 4.5(仮)、4K対応で2017年発売か

ソニーが4K対応の新PlayStation、「PlayStation 4.5」(仮)を準備中であるとゲーム専門ブログメディアKotakuが報じた。「PlayStation VR」の市場競争力強化も目的の1つのようだ。

[ITmedia]

 ソニーが4K対応の新PlayStationを来年にも発売すると、米ゲーム専門ブログメディアKotakuが3月18日(現地時間)、複数の開発者系情報筋の話として報じた

 複数の情報筋がこの端末を「PlayStation 4.5」と呼ぶが、これが正式名称になるかどうかは不明という。

 PS 4.5(仮)は、4K解像度をサポートし、VR HMD「PlayStation VR」(PS VR)用コンテンツのプレイを快適にするために強化されたGPUを搭載するという。現行のPlayStation 4(PS4)では写真と動画は4Kでの再生が可能だが、ゲームの解像度は1080pだ。

 vr 10月発売予定の「PlayStation VR」

 PS VRは10月に発売の予定。PS4と接続してVRコンテンツを楽しめる。一方、競合するVR HMDの「Oculus Rift」や「HTC Vive」はハイエンドPCに接続して使う。接続先のPS4の強化は、VR市場での競争を有利にするだろう。

 このアップグレードが、PS4で実施できるものなのか、次期コンソールなのかはまだ不明だが、少なくとも開発者向け告知があったのは確かという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors - 注目のうわさランキング

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -