ITmedia NEWS >
ニュース
2016年04月08日 19時08分 UPDATE

秋葉原に「オタク向け美容室」誕生へ キャラの髪型を見ながらカウンセリング

BGMはアニソン、雑誌はニュートン3年分――そんな夢のような美容室が秋葉原に誕生するかもしれない。

[太田智美,ITmedia]

 2016年秋、オタクの聖地・秋葉原に「オタク向け美容室」が誕生しようとしている。美容師は全員オタク。施術前のカウンセリングはキャラクターの髪を見ながら行い、施術中には担当美容師とアニメやゲームの話ができる――そんなプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援者を募っている


オタク向け美容室

 コンセプトは「オタクに優しい」みんなで叶える店作り。美容院といえばおなじみのファッション誌は「漫画1000冊」「科学雑誌・Newton(ニュートン)3年分」やアニメ雑誌などに置き代わり、店内にはアニメのポスターが貼られる予定だ。店内の音楽はもちろん常にアニソンがかかっている。


オタク向け美容室

オタク向け美容室

 オタク美容室の創案者は、90年代アニメに育てられたという美容師の茂木さん(30)。もともとアニメ好きだった彼が大人になり、仕事に追われる日々でやつれた心にワクワクと毎日の楽しみを再び取り戻してくれたのがアニメだった。

 アイデアが生まれたのは居酒屋での会話。友人と「今期アニメがあーだこーだ」と話していた時に、「こんな話しながら仕事したいねー」「アニメの曲がBGMで流れてたらはかどらない?」「ヘアカタログもアニメのキャラなんでしょ?」などと冗談混じりで語っていたことが、次第に「そんな店作れたらいいね、いや作れるんじゃないか?」という具体的な夢に変わっていったという。

 「オタク向け美容室」プロジェクトの目標金額は30万円。4月8日午後6時時点ですでに25万円が集まっている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.