ITmedia NEWS >
ニュース
2016年04月11日 19時03分 UPDATE

歯磨きしながらゲームもできる スマホ連携歯ブラシ「G・U・M PLAY」を使ってみた

サンスターが、スマートフォンアプリと連携する“スマート歯ブラシ”を発売する。その体験レポートをお届けする。

[太田智美,ITmedia]

 サンスターが、スマートフォンアプリと連携する歯ブラシ用アタッチメント「G・U・M PLAY」を4月18日に発売する。同社製歯ブラシのハンドル部分に装着するシリコーン製の小型デバイスで、対応アプリと連携させれば、歯磨きの仕方を採点したりゲームや音楽演奏を楽しんだりできる。この体験レポートを早速お届けしたい。


「G・U・M PLAY」体験会 「G・U・M PLAY」には「加速度センサー」「LED」「Bluetooth」が搭載されている

「G・U・M PLAY」体験会 実物

 まずは、歯ブラシの動きを検知してリアルタイムに採点するアプリ「MOUTH CHECK」を試してみる。普段何気なくやっていた歯磨きを、歯科衛生士が勧める磨き方に近づけるためのサポートをしてくれるという。


「G・U・M PLAY」体験会 シャカシャカ


 歯磨きの動きや時間は、データ化して「MOUTH LOG」に保存。日/週/月/年ごとにデータを可視化し、正しく磨けているかどうかを色と点数でチェックできる。


「G・U・M PLAY」体験会 歯は16エリアに分割

 楽しいのはここからだ。歯ブラシの動きに合わせて「MOUTH BAND」アプリでは楽器演奏ができるほか、「MOUTH MONSTER」アプリではゲームをプレイでき、「MOUTH NEWS」アプリではニュースが読み上げられる。これらを実際に試してみたい。

 MOUTH BANDは「ソングモード」と「フリーモード」を搭載。ソングモードでは複数の中から楽曲を選び、ガイドに従って正しく歯を磨くと音楽が奏でられる。一方、フリーモードは自由に演奏するスタイル。ギター、チェロ、バイオリン、ドラムセットの中から好きな楽器を選び、歯ブラシの動きによって自由に演奏できる。



 MOUTH MONSTERは、歯磨きをしてモンスターを倒すゲーム。ステージの最後には巨大ボスモンスターが現れ、やっつけたボスはアプリ上の「図鑑」でコレクションできる。モンスターは全92種類が登場し、磨き方によっては必殺技で倒すこともできる。ちなみにモードは1分モードと3分モードがあり、1分モードは小さな子ども向けに、保護者による“仕上げ”を想定して作られている。



 MOUTH NEWSは大人向けのニュースアプリ。忙しい朝の時間に、歯磨き中の3分間でニュースを読み上げてくれる。日々のニュースはもちろんのこと、天気や“洗濯指数”、占いやゴミ収集日まで教えてくれるのがうれしいところだ。



 価格は5000円(税別)で、サンスターオンラインショップや「二子玉川 蔦屋家電」(東京都世田谷区)などで4月18日から販売する。値段は少し高めだが、1つのデバイスを家族でシェアして使うことも可能。毎日の歯磨きがちょっと楽しくなりそうだ。


「G・U・M PLAY」体験会 シャカシャカシャカシャカ

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.