ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年04月14日 12時47分 UPDATE

iPhoneロック解除ツールをFBIに提供したのはサン電子子会社ではなかったらしい

FBIがサンベルナルディーノの乱射事件の捜査のために使ったiPhoneのロック解除ツールは、うわさされているサン電子傘下のイスラエルCellebriteのものではなく、プロのハッカー集団から購入したものだとWashington Postが報じた。

[ITmedia]

 米連邦捜査局(FBI)が死亡したテロリストのiPhoneのロックを解除するために使ったツールは、サン電子傘下のCellebriteのものではなく、ハッカー集団から購入したものだと、米Washington Postが4月12日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 同メディアによると、このハッカー集団は、製品やサービスの脆弱性を見つけると、その脆弱性を悪用するツールを販売したり、そのサービスの提供企業に金を請求したりするプロのハッカー、いわゆるブラックハットハッカーあるいはグレイハットハッカーという。

 FBIのジェイムズ・コーミー長官は7日、ツールの購入先についてはよく知っており、「ツールを外部に流出させないと強く確認している」と語った

 このツールがiPhoneの脆弱性を利用したものだとすれば、米連邦政府は基本的には情報をAppleに知らせる方針だが、このケースでは通知するかどうかはまだ決まっていない。コーミー長官は、「もしAppleに説明したら、Appleは(ロック解除に使った脆弱性を)修正するだろう。そうしたら、われわれは振り出しに戻ってしまう。(Appleに説明するかどうか)まだ決定していない」と語っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

ピックアップコンテンツ

- PR -