ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年04月27日 12時45分 UPDATE

Windows 10、無償アップグレード期間終了まで100日切る 日本独自の新サポートも

Windows 10への無償アップグレード期間が残り100日を切り、まだアップグレードしていないユーザーに向けた新サポートプログラムが発表された。

[太田智美,ITmedia]

 Windows 7/8.1からWindows 10に無償アップグレードできる期間(2016年7月29日まで)が残り100日を切った。これを受け、日本マイクロソフトは4月27日、まだアップグレードしていないユーザーに向けた4つの新サポートプログラムを発表した。

 毎月10日を「Windows 10の日」に制定するほか、アップグレードに対する不安を解消するためのWebサイト開設、ユーザーサポート窓口「Answer Desk サポート」の祝日対応、全国各地でWindows 10を体験してもらう「Windows 10体験キャラバン」――を実施する。


Windows 10アップデートサポート 日本マイクロソフト代表執行役社長 平野拓也氏

 Answer Desk サポートは、Windows 10に無償アップグレードに関する疑問や不安、具体的な方法などに対し、電話やオンラインチャットで答えるサポート窓口。サポートが終了する7月末までは土日平日に加え、ゴールデンウイークを含む祝日も電話サポートを行う。

 Windows 10体験キャラバンでは、大きく「Windows 10」と書かれた専用の青いラッピングカーで全国を走行。宮城県、北海道、石川県、広島県、神奈川県、大阪府、北海道、埼玉県、愛知県、青森県などと全国10都市以上で展開し、ユーザーが実際にWindows 10を体験できる場を用意する。


Windows 10アップデートサポート Windows 10体験キャラバンで走る専用ラッピングカーに乗る平野氏

Windows 10アップデートサポート

 Wondows 10の日では、トレンドマイクロやバッファローなどのパートナー企業とも連携し、Windows 10ユーザーに向けたキャンペーンや最新情報などを発信する予定だ。

 Windows 10への更新を支援する取り組みは各国で行われているが、今回の4つの施策はいずれも日本独自のもの。なお、無償アップグレード期間終了後は有償提供に変更する予定で、「延期はしない」(同社)としている。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.