ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2016年05月24日 10時15分 UPDATE

「読める留守電」 留守電をテキスト化してスマホに通知する「スマート留守電」登場

留守番電話に吹き込まれた内容をテキスト化し、スマートフォンに通知する留守番電話アプリ「スマート留守電」が登場。

[ITmedia]

 ソースネクストは5月23日、留守番電話に吹き込まれた音声をテキスト化し、スマートフォンに通知する留守番電話アプリ「スマート留守電」を発売した。音声を聞かずに留守電の内容を確認でき、留守番電話センターへの発信も不要だ。Android版が月額290円(税別)、iOS版が同360円。

画像

 専用の電話番号をユーザーごとに発行。手持ちのスマートフォンや自宅の固定電話など、留守電を受けたい番号を「スマート留守電」専用番号に転送設定して利用する。転送元の端末は何台でも設定でき、複数の端末への留守電をまとめて管理できる(転送時の通話料は有料)。

 留守電が入ると、内容を音声認識してテキスト化したデータと音声ファイルをスマートフォンに送信する。メッセージの気になるところをタップすれば、その場所から音声を再生できる「このへん再生」機能も備えた。メッセージに電話番号が含まれていれば、タップするだけで折り返しできる。

 テキスト化されたメッセージと音声ファイルはメールで確認することも可能だ。

 知らない番号からの着信でも、宅配便のドライバーや店舗など590万件の法人データを照合し、発信者の名称を表示できる。

 海外向けにも販売し、2017年末までにユーザー数100万人を目指す。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.