ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年05月27日 11時33分 UPDATE

米空軍、ドローン・戦闘機用レーザー兵器を開発中

米国空軍はレーザー兵器の空中発射実験を2023年までに進め、戦闘機や無人機に搭載しようとしている。

[大村奈都,ITmedia]

 空想の産物だった戦闘機レーザー兵器が、いよいよ現実のものになりそうだと、米軍事情報サイトWARRIORが伝えている

photo 戦闘機からの空中発射
photo ドローンへの搭載を目標とする

 米海軍は軍艦に装備する計画を進めているが、米空軍は2020年代に航空機搭載のレーザー兵器を実用化するため、2021年に搭載実験、2023年には空中発射実験を行う予定だという。当初はC-17sやC-130などの大型輸送機で実験するが、いずれF-15、F-16やF-35などの戦闘機、そして無人機(ドローン)にも搭載するのが目標だ。

 レーザー兵器は強い光を当てて目標物を強烈に熱し、空中の航空機・無人機・ミサイル、地上の航空基地・車輌・建物などを焼き尽くす。レーザーは光速なので照準を定めた次の瞬間に目標は破壊され、迎撃も回避もできない。また、大爆発を起こすことなくピンポイントで目標を破壊するので、不必要な被害を与えることがない、と米空軍の担当者は語っている。

 空軍研究所は、2023年までにレーザー兵器の空中発射実験を行うとしている。現在進められている地上でのテストは、レーザーの出力を10キロワットから100キロワットに上げることを目標としている。同時に、より精密な射撃をするための研究も進められている。

 さらに実用化に向けては、そのパワーを保ったまま航空機に搭載できるサイズと重量に抑える必要がある。輸送機ではなく戦闘機や無人機に搭載できるようにすること、特に、レーザー兵器本体だけではなくバッテリ部分の小型軽量化が課題だ。ただしこの課題をクリアすれば、戦闘機にせいぜい6、7発しか搭載できないミサイルと違い、レーザーそのものの搭載量に制限はない。航空機の燃料を発電に使えば、1ガロン(約3.8リットル)の燃料で何千発ものレーザーを撃つことができる。

 空軍の無人機はホビー用のドローンとは違い、見えない遠距離の目標を正確に、そして確実に破壊して戻ってくることができる。無人機にレーザー兵器が搭載される時期がいつになるかはまだわからないが、いずれ無人機搭載レーザー兵器は現在のミサイル兵器を置き換えるとみられている。

 レーザー兵器の精密な射撃と周囲に影響を与えない破壊力は、たとえば、「人間の壁」に隠れた卑劣なテロ組織の幹部を狙い撃ちするときにも役立つだろう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング