ITmedia NEWS > Rumors >
ニュース
2016年06月09日 09時48分 UPDATE

Googleも課金制アプリ開発者の取り分を70%→85%に(しかも1年目から)?

AppleがApp Storeのサブスクリプションアプリの開発者取り分を、ユーザー加入2年目から70%から85%に引き上げると発表した。Recodeによると、GoogleもGoogle Playのサブスクリプションアプリで同様の配分にする計画という。しかも、ユーザー加入1年目からと、Appleより優遇する。

[ITmedia]

 米Googleが、Google Playに登録されているサブスクリプション(課金制)アプリの売上高の開発者取り分を従来の70%から85%にアップする計画であると、米Recodeが6月8日(現地時間)、複数の情報筋の話として報じた。

 subscription Android開発者向けサブスクリプションアプリ登録案内ページ

 Appleは同日、App Storeのサブスクリプションアプリの開発者取り分を、ユーザーの加入1年目は従来通り70%のままだが、2年目から85%に引き上げると発表した(実施は6月13日から)。

 Recodeによると、Google Playでの開発者取り分は加入1年目から85%になるという。

 Googleは1年前から、幾つかの大手エンターテインメント企業と85%配分をテストしていると情報筋は語った。この新しい配分モデルがいつごろから適用されるかは不明という。

 subscription 2 現在はアプリ売り上げの開発者取り分は一律70%

 なお、Appleが同日発表したアプリストア内の検索広告は、Google Playでは2015年7月から表示されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Rumors- 注目のうわさランキング

ピックアップコンテンツ

- PR -