ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
2016年06月25日 08時01分 UPDATE

EU離脱確定後、「われわれ英国民は離脱したらどうなる?」のGoogle検索が急増

Googleトレンドによると、英国で国民投票の結果EU離脱が確定した後、「われわれは離脱したらどうなる?」という検索キーワードが250%急上昇した。英国での検索では、「(EU加盟国である)アイルランドのパスポート」も倍増した。

[ITmedia]

 6月23日(現地時間)に実施された英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票で、英国民は離脱を選んだ。だが、この決定が自国に何をもたらすのかを事前に調べた国民は少なかったのかもしれない。離脱確定直後、Google検索で「われわれ(英国民)がEUを離脱したらどうなる?」という検索キーワードが250%増加したと、米GoogleのGoogleトレンドチームがツイートした。

 また、離脱確定後の検索キーワードの2位は「EUとは何か?」だったという。

 英BBCによると、国民投票の結果は24日午前7時ごろに判明した。離脱が51.9%、残留が48.1%で離脱が決まった。投票率は72.1%だった。

 brexit 1 国民投票結果(資料:BBC)

 Googleトレンドは特定の検索キーワードの検索回数の変化を視覚化したもので、検索数の増減をそのまま反映するものではないが、文字通りトレンドの参考にはなる。

 離脱確定後にはまた、英国で「アイルランドのパスポート」というキーワードが2倍になったという(アイルランド共和国は英国の一部である北アイルランドに接する国で、EU加盟国)。

 brexit 2 「アイルランドのパスポート」のGoogleトレンド

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.