ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月07日 11時54分 UPDATE

「カバ」から「イヌ」に うがい薬「イソジン」パッケージ変更 9月から

うがい薬「イソジン」の新パッケージキャラクターとして、イヌの一家を描いた「イソジンファミリー」が9月から登場。

[ITmedia]

 ムンディファーマは7月6日、うがい薬「イソジン」の新パッケージキャラクターとして、イヌの一家を描いた「イソジンファミリー」を9月から展開すると発表した。

photo イヌの一家を描いた「イソジンファミリー」

 イソママ、イソパパ、イソくんの3匹家族。外敵を追い払う番犬のように「日本の家庭をばい菌やウイルスから守ってくれる、守護神のような存在に」との思いを込めたという。ICカード「Suica」のペンギンを手掛けたイラストレーター、坂崎千春さんがデザインを担当した。

 イソジンは、ムンディファーマが商標を持つ殺菌消毒薬のブランド。1961年から明治グループが日本国内で販売してきたが、2016年4月以降、ムンディファーマが自社販売に乗り出すことになり、3月に商標ライセンス契約を終了。塩野義製薬の子会社・シオノギヘルスケアが国内販売を引き継いだ。

 一方「カバくん」のデザインは明治グループが商標登録しており、シオノギヘルスケアの新しい「イソジン」に類似のキャラクターを使うかどうかをめぐって両社の意見が対立。協議の結果、明治グループの「明治うがい薬」はカバくんのデザインを引き続き使用し、イソジンのパッケージは改めることになっていた。

photo 新しい製品パッケージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -