ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月11日 12時02分 UPDATE

現在の自動運転車は「完全な自動運転ではありません!!」――国交省が注意喚起 「事故責任はドライバーに」

「現在実用化されている『自動運転』機能は、完全な自動運転ではありません!!」――米Tesla Motorsの「Model S」による死亡事故を受け、国土交通省が注意喚起。

[ITmedia]

 「現在実用化されている『自動運転』機能は、完全な自動運転ではありません!!」――今年5月に起きた米Tesla Motorsの「Model S」による死亡事故を受け、国土交通省が注意を呼び掛けている。同車が搭載するのは「運転支援技術」であって、ドライバーに代わって車が責任を持って安全運転する「完全な自動運転」ではないと強調している。

photo 米Tesla Motorsの「Model S」

 問題の事故は、米フロリダ州で5月7日(現地時間)、Model Sのドライバーが「オートパイロット」機能を使用中、前方に割り込んできた大型トレーラーに巻き込まれて死亡したというもの(関連記事)。Tesla Motorsは、トレーラーの白い側面が晴天の光を反射し、同機能が正常に作動しなかったと説明している。一部報道によると、ドライバーはDVDを見ながら運転していた可能性もあり、米運輸省当局が調査しているという。

 国交省は、Model Sが搭載する「オートパイロット」機能は、ドライバーが前方・周囲を監視しながら安全運転することを前提に、車線維持支援、車線変更支援、自動ブレーキなどを行う機能にすぎないと指摘。天候や交通状況によっては、機能が正常に作動しない場合もあるとし、「注意を怠ることは極めて危険」(同省)と注意を呼び掛けている。そうした事故の責任は、原則として運転者が負うことになるという。

photo 「完全な自動運転」ではない「準自動走行システム」の場合、事故の責任はドライバーが負うことになっている(官民ITS構想・ロードマップ2016より)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.